注意したいこととは

脱毛を受ける場合、気を付けて欲しいことがあります。脱毛中はUVケアを心掛けて日焼けをしないようにすることもその一つです。施術前に日焼けして肌が茶色っぽくなってしまうと、施術中にレーザーがそれに反応して危険なのです。クリニックのレーザー脱毛も、脱毛サロンの光脱毛もメカニズムは同じ。レーザーや光を肌に当てると、毛や毛根などにあるメラニンの黒色に反応。これによって脱毛が行われます。日焼けしてしまうと、レーザーが肌の黒に反応してしまい危険なのです。シミができやすくなるといった危険もあります。また、施術後の日焼けもNGです。

脱毛を受ける日が近くなってきたら、是非体調管理も行ってください。体調がすぐれない時は無理をしてはいけません。また、予防接種を受けて間もない日は施術は避けましょう。どれくらい日にちを開けたら良いか、予め確認しておくようにしてください。他にも、アルコールを飲むのもNG。施術後は運動して汗をかくのも避けましょう。お風呂も、バスタブに浸かるのではなくシャワーだけにしておきましょう。

生理の日も避ける方が安心です。これは、デリケートゾーンの施術に限らずどの部位であっても同じです。生理中は肌が敏感になっているので施術はあまり向かないのです。